• sakesp

クラフトビールからはじまる人との繋がり




京都駅から徒歩15分、ゆったりとした雰囲気のある高瀬川のほとりにお店を構える「Kyoto Beer Lab」。 同店では、毎日変わる8種類のタップがあり茶葉を使用したものから、『若恋(わっこい)』というラズベリーを使用したサワー系のビールなど、聞くだけでワクワクするようなビールを常に取り揃えています。

中でも人気商品は、ビールとお茶を組み合わせた『煎茶ペールエール』や『ほうじ茶スタウト』といった茶ビールシリーズ。 茶葉はすべて京都市の南東に位置する和束町のものを使用しているとのこと。 もともと共同オーナーの村岸さんが和束町で空き家の再生活動をしており、町おこしの一環として宇治茶の中でも最高品質を誇る和束産の茶葉を使用したビール作りをはじめました。 「Kyoto Beer Lab」では茶葉の魅力をビールを通して伝え、地域に還元できるお店を目指しています。

店内には醸造所が併設されており、ビールが作られる現場を体感しながら、スタッフの方と今日のビールについて話したり、会話を楽しめるのも魅力のひとつです。ほうじ茶やわさび、高瀬川のすだちといった個性溢れるビールのラインナップ。個性がありつつも、ビールのうま味も感じることができて、自分好みの一杯をを見つける楽しさもありますね。

以前は海外からのお客さんが多かったそうですが、出来たてのビールをお持ち帰りできる「クラウラー」というサービスを開始したり、イベントを開催することで、地元のお客さんも増えたそうです。 今後は新たなコミュニティの場を作っていきたいとのこと。ビールを健康に美味しく飲んでもらいたいという想いから、ランニングをした後に銭湯へ行き、お店でビールを飲む『RUN CLUB』も発足。一杯のビールを通じて新たな出会い・繋がりを楽しむことができそうです。

【基本情報】 Kyoto Beer Lab 所在地 京都市下京区十禅師町201-3 URL http://kyotobeerlab.jp/index.html

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示