• ohkuni2

京都・祇園から発信!パンチの効いたスモーキーなおつまみ

更新日:8月27日




祇園の観光名所である花見小路や鴨川からほど近く、ノスタルジックな佇まいの「IZAKAYA RUTUBO」

2018年9月にオープンし、祇園では珍しくお昼から酒を飲める隠れ家のような居酒屋です。 祇園で10年間ミュージシャンをしていたという店長の小坂田さん。『祇園に若者を呼び、活性化したい』との思いからこの地で”燻製・スコッチ・JAZZ”をコンセプトに店をはじめることに。


店名は、『人種、料理や酒のジャンルを超えて混じりあい、文化がクロスオーバーしていく店にしたい』という意味を込めて名づけられました。名前の通り、店には外国人から常連の方まで、年齢問わず様々な方が訪れます。スタッフの方も気さくで、カウンター越しに会話を楽しめて一人でも立ち寄りやすい雰囲気です。


提供される燻製はすべて店内で作られており、桜チップを主体とした濃い目の味つけが特徴。チーズやホタテなど定番食材から、梅干しやししゃもといった変わり種まで個性豊かなメニューが揃います。鼻にふわっと抜けるスモーキーな風味と後から感じる具材のうまみの絶妙なバランスに酒が進みます。おつまみだけでなく、〆のご飯やデザートのチーズケーキまで燻製づくしで色々なメニューを試したくなります。 また店内にはウイスキー・日本酒・カクテルなど80種類以上の豊富な酒が揃っているので自分の好きなペアリングを見つけてみては!

そのほかにも秋刀魚や数の子、ホタルイカ、新生姜など季節ごとに変わるメニューも楽しめます。素材はすべて店長の小坂田さんが新鮮なものを仕入れ、鮮度にはこだわっているそう。 7月は鮎の燻製がおすすめ。鮮度抜群の旬の鮎を燻製に閉じ込めて、オリーブオイルに漬けるとのこと。テイクアウトや催事でも販売しているとのことで、おうちでも同じ味が楽しめるのは嬉しいですね。


様々な文化・人が集まる京都ならではのフュージョンを感じられるRUTUBO。お昼からしっぽりとお酒を飲みたるお店です。


【基本情報】 IZAKAYA RUTUBO 所在地 京都府京都市東山区亀井町54-1 営業時間 12:00~24:00(新型コロナウイルスの感染拡大により、異なる場合があります) 定休日 火曜日 URL http://rutubo-kyoto.com/


5回の閲覧0件のコメント